Q&A バルブ編

Q8

偏心構造弁の流体に対する据付方向は?

A 汚泥ラインは比較的低圧(0.3MPa以下)であるので、流れ方向は、基本的に正逆共据付可能です。全閉時、弁体が弁箱弁座に押される方向に(正圧方向設置)、バルブを設置した方がシール性能は良いが、流体中に夾雑物を含む場合は、逆の方向(逆圧方向設置)に設置した方が、弁座に夾雑物をかみ込むことが少なくなります。

↑画面TOPへもどる
Copyright (C) 2001 assouken All Rights Reserved.