Q&A 防食編

Q3 下水道用ダクタイル鋳鉄管の内面ライニングにはどのようなものがありますか?
A  下水道協会規格(JSWAS G-1)では、標準仕様として内面セメントモルタルライニング、重防食仕様として内面エポキシ樹脂粉体塗装(または、内面液状エポキシ樹脂塗装)が規定されています。
 空気の存在しない満管状態の圧送管では、硫化水素による腐食は生じませんので標準仕様の内面セメントモルタルライニングで十分耐食性がありますが、管路の凸部等でポンプ停止時に空気が管内に入ってくるような腐食性環境では、内面エポキシ樹脂粉体塗装等の重防食対策を行う必要があります。
 また、下水の種類によっても、下表のような使い分けが必要です。

流体の種類と内面防食仕様

流体の種類と内面防食仕様



↑画面TOPへもどる
Copyright (C) 2001 assouken All Rights Reserved.