Q&A 設計編

Q11 下水道用ダクタイル鋳鉄管の異形管挿口に直接継ぎ輪を接合しても良いのでしょうか?

A  異形管は、直管と製造方法が違うため規格上挿し口先端から受口に挿し込まれる必要な範囲しか外径許容差が確保されていないので、挿し口と継ぎ輪を接合すると継ぎ輪は軸方向に自由にスライドできるため、施工時に少しずれると許容差範囲をはずれたところで接合されることが有ります。この場合は管の寸法が確保されていないところで継手を接合する事になるため、水密性は保証できなくなるので接合しないでください。


↑画面TOPへもどる
Copyright (C) 2001 assouken All Rights Reserved.