Q&A 設計編

Q15 下水道マンホールポンプ施設の設計に役立つ参考図書はありませんか?

A

(財)下水道新技術推進機構より『下水道マンホールポンプ施設 技術マニュアル』が発刊されています。また、『土木研究所資料 下水道幹線圧送検討資料集』には神戸市の事例が掲載されています。

小型マンホール設備
 全国の地方公共団体では、道路より低い宅地からの下水排除や小規模な河川横断等のために、小型マンホールポンプ設備の開発とその設計施工要領の作成を行っている。
 その中には、貯留能力や臭気対策に対する新しい工夫が取り入れられており、その一部を紹介する。

神戸市/小型マンホールポンプ場
緊急時の貯留量を確保するために、ポンプ設備用のマンホールの横に小型の接続槽を設けている。
臭気対策として、滞留時間を短縮し下水の腐敗を防ぐためポンプ運転をポンプ井水量とは別制御でタイマー運転とし、また、マンホールに臭気拡散のための通気管を設置している。
小型マンホールポンプ場の計画対象は、100戸以下としている。

小型マンホールポンプ場設備図

引用文献『土木研究所資料 下水道幹線圧送検討資料集』より

 



↑画面TOPへもどる
Copyright (C) 2001 assouken All Rights Reserved.