圧送管路の特徴

以下に圧送管路の優れた特徴をご紹介します。
1.管路レイアウトが自由です。
管路レイアウトの自由度が高いので、既設管路が輻輳するところや河川横断などでの配管も可能です。
1.管路レイアウトが自由です。
2.建設費用が低廉となり、工期も短縮できます。
2.建設費用が低廉となり、工期も短縮できます。
管口径が小さくなり、また地形に合わせて埋設深さを浅くできるので、建設費用が低廉となり建設工期も短縮できます。
3.耐震性が向上します。
強い管体と水密性の高い継手を用いることにより、管路の耐震性を向上させることができます.。

3.耐震性が向上します。

4.段階整備が可能です。
4.段階整備が可能です。
2条化などの段階施工が可能なので、初期投資の軽減と早期供用ができます。
5.不明水の浸入がありません。
圧送に耐える継手や管材を用いるので、不明水が浸入することがありません。
5.不明水の浸入がありません。
6.実績
6.実績
圧送方式は、送泥管、処理水送水管を含めて、下水道管路として数多くの実績があり、年間数百kmの圧送管が建設されています。

 


一般的特性比較

項目
自然流下方式
圧送方式
概要 ・管路勾配を利用して下水を輸送する方式である。
・管路は下り勾配で布設する必要がある。
・埋設深さは一般的に深くなる。
・流入、合流に特別な検討は必要ない。
・長距離の送水幹線では、管の口径が大きく、埋設深さが深くなる。

・ポンプ設備により下水を輸送する方式である。
・管路は地表勾配に合わせて布設できる。
・埋設深さは一般的に浅くできる。
・流入、合流は圧力的な整合が必要であるため検討を要する。
・流入、合流のない送水管路とした場合は、管径を小さく埋設深さを浅くできる。

計画

・地形的条件による制約が多く管路ルートの決定には十分な事前調査が必要となる。
・管の埋設深さが深くなる。
・流入、合流が自由にできる。
・管路の屈曲部、合流部などにマンホールが必要である。
・管には圧力がかからないため管体強度、継手水密性はあまり要求されない。

・地形的条件による制約が少なく管路ルートはある程度自由に決定できる。
・管の埋設深さは浅くできる。
・流入、合流には圧力上の検討が必要となる。
・管路の屈曲部、合流部等にマンホールは不要である。
・管に圧力がかかるため管体強度・継手水密性の大きい管材が必要となる。
・ポンプ設備が必要となる。
施工 ・管口径が大きく埋設深さが深いため土木工事は大規模となる。
・建設工期が長くなる。
・管路勾配が輸送能力に大きく影響するため、施工管理が重要となる。
・点検用マンホールが多数必要となる。
・既設管の横断は基本的に不可であり、相手の管を切り回す必要がある。
・管口径が小さく埋設深さが浅いため土木工事は小規模となる。
・建設工期は短い。
・管路勾配は輸送能力に影響しない。
・管路の途中に空気弁や排泥弁などの設備が必要である。
・既設管の横断は伏せ越し、上越しともに自由にできる。
↑画面TOPへもどる
Copyright (C) 2001 assouken All Rights Reserved.